実家の母が毎年つける梅干し。

実は我が家では土用干しをしたことがないのですが、土用干しっていったい何なんでしょうか?

 

また、土用干しをした後の梅干しはどうなるのでしょうか?

 

ということで今回は、梅干しの土用干しの後について調べてみました。


梅干しの土用干しの後はどうする?

別の瓶に保存する

梅干しの土用干しの後は
(画像引用元:https://marron-dietrecipe.com

たっぷりと日光を浴びた土用干し後の梅干しは、梅の旨味が凝縮されています。

ねっとりとした食感が味わえる梅干しです。

梅酢につけてから、別の瓶に保存する

土用干しした梅は水分が飛んでやや固めに仕上がっています。

一度梅酢に戻すことで、水分が戻って柔らかさが戻ります。

 

ジューシーな梅干しが好きな方は一度梅酢に戻すといいですね。

 

そのまま梅酢に漬け続ける方法もありますが、梅干しの塩分量が増えるのでしょっぱくなりすぎる、と思うのならしばらく梅酢に漬けた後別の瓶に保存するのがいいでしょう。

 

しっとりとした梅干しが好みの方は、一度梅酢に戻すといいですよ。

梅酢に漬けたまま保存する

土用干しをして旨味の凝縮した梅干しを梅酢に漬けるので、土用干し前よりも梅干しの塩分が増えます。

 

土用干し前よりも塩分が多いなと感じたら、さっと湯をくぐらせるなどすれば塩分量を減らすことができます。

保存場所

梅干しは保存食品なので冷暗所に保存すればOKです。

しかし最近は暑い日も多いので、気になる方は冷蔵庫に保存してもいいですね。

 

減塩梅干しを作っている方は、塩分量が少ない分傷みやすいので冷蔵庫に保管して早めに食べるようにしましょう。

 

しっかりと塩を使って漬けた梅干しなら、10年や20年は保存できると言われています。

私は一部冷暗所、一部冷蔵庫と分けています。

梅干しの土用干しの後は好みで様々な食感を楽しむ!

土用干しした後梅酢につけておくと皮が柔らかいと言う方もいますが、お好みですね。

 

我が家は土用干しをせずに梅酢に漬けっぱなしなのですが、土用干しした梅干しも美味しそうなので、今年はチャレンジしてみようかな。

土用干しした梅干しを3つに分けて、それぞれの食感を試してみようと思います。

 

みなさんも、土用干しした梅干しを上手く使っていきましょうね!

 

せばな~