温泉に行くといろいろな饅頭がお土産として売られています。

温泉饅頭はもちろん、田舎饅頭や薯蕷(じょうよ)饅頭、酒饅頭も美味しいですね。

 

どれも似たようなお饅頭ですが、田舎饅頭や薯蕷饅頭、酒饅頭に違いがあるのでしょうか?

酒饅頭はお酒が入っているけど、それ以外は?

 

ということで今回は、薯蕷饅頭、温泉饅頭、田舎饅頭、酒饅頭の違いについて調べてみました


薯蕷饅頭、温泉饅頭、田舎饅頭、酒饅頭の違いは?

薯蕷饅頭とは

薯蕷饅頭はナガイモをすりおろして米粉と混ぜた生地で餡を包んで蒸し、しっとりとした高級和菓子饅頭です。

薯蕷饅頭 温泉饅頭 田舎饅頭 酒饅頭 違い
(画像引用元:https://gigaplus.makeshop.jp

 

ナガイモはつくね芋や大和芋などが使われることが多いです。

 

紅白饅頭が有名で、蒸すことによって薯蕷がふっくらとするので、ふわっとした優しい生地が出来上がります。

お茶席の高級和菓子として、織部薯蕷などがあります。

温泉饅頭とは

温泉饅頭とは、生地に温泉の水を使ったり、蒸し上げる時に温泉の蒸気を使ったりと、温泉の恩恵を受けながら作られている饅頭です。

薯蕷饅頭 温泉饅頭 田舎饅頭 酒饅頭 違い
(画像引用元:http://www4.i-younet.ne.jp

 

1910年に伊香保で、湯之花色の饅頭を作ってほしい、と言われて勝月堂の初代、半田勝三が考案したのが始まりだと言われています。

温泉饅頭には黒糖が使われているので、生地は茶色をしています。

田舎饅頭とは

田舎饅頭は別名薄皮饅頭とも呼ばれ、生地の間から餡が透けて見える、もしくは餡が出ている饅頭です。

薯蕷饅頭 温泉饅頭 田舎饅頭 酒饅頭 違い
(画像引用元:https://www.hokkaido-gas.co.jp

 

白い生地が雪、餡が土をイメージさせて、冬を連想させるお饅頭です。

酒饅頭とは

酒種を生地に入れて発酵させた後、餡を包んで蒸した饅頭です。

薯蕷饅頭 温泉饅頭 田舎饅頭 酒饅頭 違い
(画像引用元:https://www.kyoto-wel.com

酒の香りが食欲をそそりますが、アルコールに弱い人は酒饅頭で酔うこともあります。

薯蕷饅頭、温泉饅頭、田舎饅頭、酒饅頭の違いは自然になじませた!

田舎饅頭は生地が薄いなあ、と思っていましたが、田舎の冬の景色を表現しているなんて素敵ですね。

 

冬になると酒饅頭が食べたくなるし、温泉に行くと温泉饅頭が食べたくなる。

祝い事には薯蕷饅頭が欠かせません。

 

そんな、日本人の生活に自然となじんでいる饅頭たちを食べてみませんか?

 

せばな~